« Raspberry Pi から eRemoteを操作する(4) | トップページ

2018.01.09

Google Home からしゃべらせる

Google Homeから、Raspberry Pi からしゃべらせてみる。

参考にしたのはこちら


curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_7.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install nodejs
sudo apt-get install git-core libnss-mdns libavahi-compat-libdnssd-dev
git clone https://github.com/noelportugal/google-home-notifier
cd google-home-notifier
npm install

google-home-notifier 内にあるexample.js内のファイルを修正する。

修正するのは、ipアドレスのところ(var ip = 'xxx.xxx.xxx.xxx")と、言語のところ(var language = 'xx')。

ipアドレスは、google homeのipアドレスにする。
Google Homeのipアドレスは、Google Home設定時にインストールしたアプリGoogle Homeのデバイスの設定から確認できる。もしくは、eRemote miniをRaspberry piで操作する準備の時に入れたFingから、調べてみる。google homeっぽい表記にはなってないけど、消去法でだいたいわかる。

languageは、日本語である"ja"にする。
languageは、24行目あたりと、65行目あたりの2箇所あるので注意。
また、googlehome.ip(ip, language);の下に以下を追加して、日本語設定を反映。これも2箇所ある。
googlehome.device(deviceName,language)

node example.js

とする。

発話させるには、例えば、

curl -X POST -d "text=これはテストです" http://(RaspberryPiのIP):8091/google-home-notifier

としてみる。

なお、ブラウザから発話させる場合は、

http://192.168.11.15:8091/google-home-notifier?text=これはテストです

でできる。

rc.localのファイルから、自動で登録する場合は、絶対パスにすることを忘れない。
2行目の以下のところと、rc.localで登録するリンク先。
var googlehome = require('./google-home-notifier');


« Raspberry Pi から eRemoteを操作する(4) | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12074/66253285

この記事へのトラックバック一覧です: Google Home からしゃべらせる:

« Raspberry Pi から eRemoteを操作する(4) | トップページ