« ナウルに見る将来 | トップページ | auがややこしすぎる件 »

2010.08.28

民主党代表選

全く興味ない!!
というか、マスコミもみんなも代表選なんかに興味を持たないでほしい。

最近忙しくてあまりニュースは見てない中でも、たまにテレビをつけると民主党の代表選の話題が取り上げられている。いーやーいや他にもっと大事なことがあるだろう。

政治"家"だったら国の行方や政策にもっと力を入れるべきだろう。今の状況はどうだ。猛烈な円高や株安に対して、「見守ってる」場合じゃなくて早急に手を打たないとダメだろう。それに円高を上手く活用すれば、今の財政危機を多少なりとも緩和できるのではないのだろうか?今の時点で円を発行しまくって売りまくればいいような気もするけど、なんせシロートなのでどうするのが最善かはわからないけど、手を打つ絶好のタイミングだという気はする。

また、来年度の予算を決める重要な時期でもある。方針を明確にしておかないと、またおかしな政策に金をつぎ込み、肝心なところに金が行かない状態になってしまう。

とっても重要な時期のはずだ。気づいてくれ。

代表選なんてどうだっていいといえば語弊があるが、今回の選挙は党の都合であって、法律で決まっているわけでもなんでもない。いくらでも先延ばし出来るだろう。国民も総理がころころ代わることにさすがに嫌気がさしている。代表選を取りやめてもそう文句も言われないだろう。党の支持率、総理大臣の支持率には影響しないだろう。

今のところ、菅首相が総理の座を引きずり落とされるほどの大きな失政をしたとは思わない。ここで円高に手を打たずに放置することがきっと大きな失政なんだろうが、失政の烙印を押されるのはまだ先だ。民主党も管総理も好きではないが、今のままでとりあえず打てる政策をうってくれ。

今がまさに日本のターニングポイントと思えて怖くて仕方が無い。

頼む。気づいてくれ。


« ナウルに見る将来 | トップページ | auがややこしすぎる件 »

「ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12074/49273014

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選:

« ナウルに見る将来 | トップページ | auがややこしすぎる件 »