« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.06.12

ナウルに見る将来

最近日本の将来をギリシャの金融危機になぞらえた報道が多い。
それはそれで的外れな指摘ではないが、ナウル共和国もかなり参考にできる状態ではなかろうか。
そして、環境問題が騒がれる今、地球の将来を考える上でも参考になる国ではなかろうか。

ナウル共和国は、太平洋の真ん中にぽつんとある小さな島国。バチカン、モナコに次いで世界で三番目に小さい国である。昔は、リン鉱石の採掘で世界でも有数の豊かな国だったが、20世紀末にリン鉱石を掘り尽くして、一気に収入源が無くなった。ナウルで取れるリン鉱石は、堆積した海鳥の糞から取れるもので、誰が考えても枯渇することはわかっていた。20世紀末にはなくなると当時から予想されていた。しかし、国は有効な手を打たないまま、予想通り20世紀末にリン鉱石を掘り尽くした。収入源が無くなったナウルは今どんな国になっているのか。

ナウルに住んでいなくてよかった七つの理由というサイトを見つけたので簡単に紹介しよう。

理由1 国民の体質

ナウルの失業率は実に90%。そして、残り10%のうち95%は公務員だ。アメリカ国務省によると、公務員以外の労働者は僅か300人。
ナウルの富を支えていたのは鳥の糞由来のリン鉱石で、リンは肥料や化粧品に使われる。地表を覆っていたリン鉱石がナウルの富の源で、1960年代、1970年代には世界でもっとも豊かな国の一つだった。ナウルはこのリンの生産に国の全事業を投資し、リンが取れなくなった今、経済が破綻した。

理由2 掘りつくされたリン鉱石

リン鉱石の採掘は地球にも良くない。リン鉱石は島の真ん中に集まっていたが、リン鉱石が掘り尽くされた今、ナウルの8割の地表はめちゃくちゃだ。かつては森で覆われていた地表は、石灰石が転がる灰色の大地になってしまった。

「そんな土壌は農業に向いてないんじゃないか?」そのように思われたあなたは正解です。CIAによると、ナウルの耕作地は0%。この問題が議論されていなかったわけではない。例えば、2007年にオーストラリアやニュージーランドは、農業に適した土壌にするために財政支援を申し出たこともあった。しかし、今の現状が想像できる人がいなかった。

理由3 食料事情

食料事情も良くない。ナウル人は、Buada Lagoonで捕れた魚や、ココナッツやパンダーヌスを好む。しかし、現在、ほとんどの食料は輸入に頼っている。アメリカ国務省によると90%は輸入だ。そのほとんどは缶詰で、たっぷりと保存料が入っている。
食料は不足しているが、ナウルに入る航空便も頼りに出来ない。それはスカスカになった店の棚を見ればわかるだろう。

理由4 健康事情

こんな食糧事情の中で、驚いたことに90%のナウル人は太り過ぎだ。単に太りすぎ。それは彼らの食生活を考えれば驚くに当たらない。

理由5 糖尿病

太り過ぎと来たら次は糖尿病。実に国民の40%が糖尿病だ。ひどい食事をした結果、糖尿病になった。そのひどい食事を続けているので、糖尿病はさらに悪化する。
「ちゃんと健康管理した方がいいんじゃないの?」そう思われるだろう。国に富があった数年前まではそれができた。当時は、国民はオーストラリアの医師に見てもらい、医療費は全額国が負担していた。
あれから数年で、国はリン鉱石の恩恵にあづかっていた予算を使い果たした。政府は医師への支払いが滞り、ついには払えなくなった。その結果、ナウルは健康診断が受けられなくなった。

理由6 医療事情

同時に医療機関も十分ではない。実際たった二つしか病院がない。米国大使館によると、これらの病院は、日々の診療には事欠かないが、重大な疾患にかかったときにはどこかに飛んで行かないといけない。重大な疾患には、糖尿病によくある腎不全、肥満によくある心不全も含まれる。

理由7 そして現実・・・
WHOによると、ナウル人の平均寿命は男性で58才、女性で64才だ。しかしナウルでは、死んでもナウルの問題からは逃れられない。まず、航空事情が不十分だ。そして、ナウルは燃料を輸入に頼っている。その結果、電力もまた十分ではない。これは、ナウルにおいて、死体の安置も困難になっている。国内には、10年ほど前に数台冷蔵庫があるだけで、十分機能していない。ナウルは南太平洋にある年中暑い国であるにもかかわらず。悲惨な光景である。

いかがだろうか。ナウルの大統領はMarcus Stevens氏は、元ウェイトリフティングのチャンピオンだが、彼の方に掛かっているものは比べものにならないぐらい重い。世の中、もう少しナウルに注目してほしいものだ。

日本が国会で迷走している間にも借金は増え続け、問題は増えていく。富は目に見えにくく、借りるという手段ができるが、ナウルのリン鉱石が日本の富とダブって見える。なくなるとわかっていながら何も打ててなかった20世紀のナウルの政治家は、今の日本の政治家と同じだ。国が破綻したときに参考にできるのは、ギリシャよりナウルだろう。

政権なんてどっちだっていい。ちゃんと将来を見据えて仕事をして欲しい。


| トラックバック (0)

2010.06.11

xubuntu 10.04 libretto u100インストール

libretto u100 にxubuntu 9.10を入れた状態から、アップグレードした時のメモ。

アップデート・マネージャを開くと、「新しいディとリビューションにアップグレードできます」のメッセージがあるのでクリック。しかし、アップグレードしたバージョンが起動しない。しかし、古いバージョンは起動する。

こちらを参考に以下の回避策をトライして、何も考えずにアップグレードしたら見事にどれも再起動できなくなった。

/etc/default/grub を編集
GRUB_CMDLINE_LINUX に nomodeset を追加
sudo update-grub を実行


続いての対処方法は以下の通り。

grub2起動時に、recovery modeを選ぶ・・・
としたかったが、私の設定はrecovery modeを削除していた。

その場合は、grub2起動時に適当なバージョンで'e'を選択して編集。
ro以降の'quiet splash'を'single'に書き換えて、Ctrl+[x]として、リカバリーモードを起動。

こちらを参考に、以下の回避策を実行。

echo options i915 modeset=1 | sudo tee /etc/modprobe.d/i915-kms.conf
sudo update-initramfs -u

再起動すると晴れて起動できました。

メニューバーのフォントが微妙に明朝体なので、以下のようにして修正。

sudo apt-get remove ttf-wqy-zenhei

ちなみに以下のようにしてバージョンを確認すると、ちゃんとアップグレードされているのが確認できた。

cat /etc/lsb-release


| トラックバック (0)

iPhoneアプリの広告規約変更

iPhoneアプリ開発にどうしても二の足を踏んでしまうのは、アップルが平気でルールを変えてくるから。

iPhoneアプリの広告規約変更、AdMobは締め出し

一般的に見えて、明らかに特定の会社を意識するやり方は、役所の調達の仕様書でも良くあります。役所の場合は、特定の一社しか入れないような書き方だけど、アップルの場合は特定の一社入れないような書き方ですな。

先日、日本の代表的な電子書籍(XMDF/ドットブック)が、iPhone/ iPod touchで読むためのアプリを6月初旬にリリースすると発表したけど、これも果たして本当にリリース出来るようになるのでしょうかねぇ。

電書協、iPhoneアプリ『電子文庫パブリ』公開へ - XMDF/ドットブック対応

ちなみに、Google VoiceのiPhoneアプリ版は、Appleに拒絶されたという話でした。しかし、それに対しては、強引にiPhone向け「Google Voice」をWebアプリとしてリリースして対抗しました。さすがGoogleの技術力と行動力ですね。今ひとつやる気が感じられないサイトを長々と続けていた団体に果たしてそれが出来るでしょうか。

| トラックバック (0)

2010.06.06

ドキドキワクワクする未来都市

そこそこ前のplanetoddityより。

百聞は一見にしかずなんていいますが、遠い未来のわくわくする街は御託を並べるよりはこんな予想図を見たほうがイメージしやすい。
現在でも既にかなり未来的なドバイを考えると、これらの絵はまあそう遠い話でもないかもと思えます。これらはすべて世界最大級の町や首都の将来をデザインしたもの。東京らしきものを見ると、東京タワーが赤々と輝いています。デザイナーの未来予想では、取り壊さない方針のようですね。こうしてみると綺麗でかっこいいので東京タワーはぜひ残して欲しいきがします。

カッコいいけどやけにごみごみしいのはドバイ?

東京タワーが美しい

北京でしょうが、この象徴的な建物は燃えちゃいましたね。

香港かな?今とそう変わらないかも。


続きはこちら

| トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »