« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010.04.29

perlのメモ1

久々にperlを使ったソフトをいじっていたらすっかり忘れていた事。

crypt
文字列を暗号化します。と言うかハッシュですね。複合できません。アルゴリズムはDESっぽいです。
使い方は、

$a = crypt("xx", "yy");

yyには英数字2文字の暗号鍵。ただし、MD5は脆弱性が見つかっているのであまり良くない。CRYPTRECでは、MD5ではなくSHA-256以上を推奨している。

バリデーションチェック(サニタイズ)
いろいろ方法はあると思うけど、英数字意外は消してしまう方法がこれ。

$a =~ s/[^ 0-9A-Za-z]//g;

ちなみに、s"/・・/xx/"は置換。gは一致した文字全てと言う意味。$a=~/b/は、$aにbが含まれたとき真を返す。/[^0-9A-Za-z]/は英数字意外にマッチした場合と言う意味。なんだか危なっかしい定義だなぁ。

ファイルのオープン
例えば新規に開いて書き込む場合は、こんな感じ。

open(DB,">>$ifname");;

DBはファイルハンドルで、数字が入っているとうまくいかないと思っていたがそれは勘違いみたい。

| トラックバック (0)

2010.04.07

ubuntu grub2メモ

ubuntu 9.10以降で採用されたGRUB2の設定に関するメモです。
アップデートするたびに前のカーネルも含めてメニューに残るので、以下の要領で設定しました。

参考にしたのは、こちらこちらその日本語版。カーネルの削除に関してはこちらも参考にしました。

デフォルトの起動をWindowsにする
「/etc/default/grub」を次のように修正する。

GRUB_DEFAULT="Microsoft Windows XP Proffessional (on=/dev/sda1)"

""内はフルネームで書かないとだめ。
「/boot/grub/grub.cfg」に書いてある。ちなみにこのファイルは編集不可。


memtest86+をなくす
次のように入力

chmod -x /etc/grub.d/20_memtest86+


メニューのrecovery modeをなくす
「/etc/default/grub」を次のように修正する。

GRUB_DISABLE_LINUX_RECOVERY=true


古いカーネルを削除
カーネルを削除したほうが良いかな。
まず、カーネルのバージョンを確認

dpkg -l linux-image*

見つけたバージョンで最新版以外を以下の要領で消していく
sudo aptitude remove linux-image-2.6.24-16-generic

このコマンドは、

sudo update-grub

も一緒にやってくれる。

| トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »