« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.29

DSi LLとgo

任天堂がニンテンドーDSの新機種を発表した。何の技術的進化はないものの、デザインとサイズで非常に判り易いメッセージがこもっている。コアなゲーム層を狙っているわけではなく、あくまで「もっと大きな画面で」「みんなと一緒に」楽しみたいユーザを狙っているのだ。そして確実にシニア層をより取り込みやすくしている。
技術者の発想だと、「より小さい方がよい。軽薄短小だろ」とか、「大きくなった分、GBAスロットも入れよう」とか、「液晶の解像度を上げないと見栄えが悪くなる」とかつい思ってしまうだろうが、やはりターゲットはシニア層なのだ。目が悪くなってきたシニアにとって小さいのは良いこととは言えず、GBAの理解から難しく、解像度を上げたことでゲームによっては画像が小さくなってしまったり、互換性が保てなくては意味がない。

そして、この発表でライバル以外に敵を作っていない所がすばらしい。

対極にいるのが、先日発表されたPSP goだ。
まず位置づけとして、どういう層に買ってもらいたいのかターゲットがわかりにくい。シニアや子供にはまず無理で、若い世代しかついていけないだろう。そういう世代でゲームに興味を持っている層は、おそらく確実にPSPを既に持っているだろうから、彼らにPSPとPSP goの両方を所持してもらうことを目指しているととれる。では、PSPとPSP goがお互い足りないところを補完しあうほどの製品かと言うとそれほどのインパクトは無く、むしろiPhone / iPod touchの成功をうらやんで追いかけているようにしか見えない。そして残念なのが、PSP goによってUMDの販売によるビジネスをしてきた人たちを敵に回してしまったことだ。技術的に乗り越えないといけないハードルがあっただろうに、発売早々これでは苦労して開発した者も浮かばれない。

単純に大きくしてシニア向けのカラーリングにしただけのDSi LLは実に小気味よい製品だ。

若干気になるのが値段も上がっている事。テレビや車がそうであるように、世間的には大きくなると値段も上がるというイメージにあわせたのかもしれないが、実際にはコスト的にはより下げられそうな気もする。ただ、DSiが十分な汎用部品を使っていれば、値段の差は大きさに比例するかもしれないし、シニア層向けに導入のためと思われるソフトが追加で入っているのが値段を上げているかもしれないし、その値段の差は想像するしかない。

| トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »