« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.27

ザウ・・ル・・・ス?

Linuxザウルスの生産終了もずいぶん前の話の様な気がしますが、やっぱり復活しました~っと思ったら微妙に違う・・・

smart Q 5 MIDから、Bluetoothがない代わりにキーボードと約3.5Gのメモリ増がついて、12,000円から45,000円になるのはだいぶ高いかも。こちらにかなり詳しくレビューが書かれている。

約400gと言うのも微妙な重さ。フルでwindowsが動いてたoqo model01が440gだったし。
今の時代ネットブックも3~4万円台で買える時代だし起動の速さが売りかな?
しかし、起動の速いPCに関しては、Googleからもちらほらと話が聞こえてくるところでもあり、微妙にいい所をついてそうで、もう0.3歩くらい何かが欲しいデバイスです。ここまで出来たらそれぐらい出来るだろうと言いたいところですが。

netwalker



| トラックバック (0)

2009.08.23

セキュリティ対策のはなし

何となくヒマだったんでふと思いつきでソフトをつくって見ました。


昔と違って今はほとんどが常時接続の時代になりました。
便利になりましたが、明かされた大量の一般ユーザのIPアドレスはハッカーの宝の山になってます。彼らは、家にいながらにして、日々宝探しつまりはハッキングを繰り返しています。
一説では、ちゃんと対策を取らなければ平均4分でクラッキングされるとも言われています。

インターネットを使ってるわけではないのにモデムやルータがピコピコ光るでしょう?
あのほとんどは、遠くのハッカーがハッキングをためしているもの。

彼らのそのハッキングは遊びではありません。
ゲームのアカウントやクレジットカードの番号などをこっそり盗み取って儲けています。クラッキングをする人、ウイルスを作る人、実際にカードを使う人、カードの番号を売りさばく人と、彼らは得意分野で分担し合ってビジネスをしているので、根絶するのは並大抵のことではありません。ビジネスとして既に成り立っているので。便利な反面、怖い世の中になりました。

そういえば、この間、ものすごい数のクレジットカードの情報が流出しました。
ハッカーの男逮捕 米国史上最多の被害件数
重複もあるんでしょうが、のべで日本人の全人口に匹敵する数です。

インターネットのプロバイダやマイクロソフトも取れる所から対策を取ってもらいたいものですが、案外やってくれません。その代表が、135番ポートの問題でしょうか。
実は、そのポートを使ってあなたのPCにこっそり進入して、ウイルスなんかを送り込め、ハッカー達も大いに活用しています。135番ポートに限らず、139、445もそんな感じ。実際、おとりPC(ハニーポット)で調べて見ると、135,139,445ポートを閉じると一気にウイルスに感染しなくなるという報告もあります。
平成20年度サイバークリーンセンター(CCC)活動報告
の12ページ。

また、暗号化しても、このポートを使われると覗かれてしまいます。つまりネットで決済するときのカード番号なんかもざざもれになってしまいます。
Windowsで使うポートとセキュリティの落とし穴

マイクロソフトがよく脆弱性が見つかったから緊急でパッチを公開することがあるけど、それに匹敵する危険性をこの135番ポートははらんでいます。

じゃあ、135番ポートを使えないように、OS、プロバイダでやってくれたらいいじゃんと思いがちですが、なぜかなかなかやってくれません。まぁ、家電量販店に勧められるままにルータを正しく使えばこの問題はクリアできますが、ネットでゲームをする人は下手にポートを空けてしまう人も多いんですなぁ。

ホームページにも危険は潜んでます。一昔前は、怪しげなサイトに行かなければ大丈夫だったんですが、最近ではサイトを改造させられて、こっそり怪しげなサイトにつながってしまい、ウイルスが入ってくるなんて話も多くなってます。JRや国、有名人のブログがそんな状態になっているので、安全なページなんてありません。

で、ふと思ったのが、自分が今どこにつながっているのかわかればいいやんってことなんですが、なかなかめぼしいソフトが見当たりませんでした。むしろ、OSにそれぐらいの機能があってしかるべきだと思うのですが、私が見落としているのでしょうか。

・・・と言うわけで、ここからが本題ですが、そう言うのを作ってみました。
自分のPCが、今、どのIPアドレスとやり取りしていて(ただしTCPのみ)、さらに、そのIPアドレスから国や位置情報を割り出し、Google Mapにまで表示させるもの。
ここまでよく読んでくれた人で、興味のある方は自己責任で使って見てください。

psoc_001.zip

何処か適当なフォルダに解凍してください。左上のrefreshボタンを押すと、自分のアドレスと相手方のアドレスのリストが下に表示されます。
適当に選ぶと、下にIPアドレスのある国、都市、座標が現れます。たまに動作が不安定になりますが、うまく行けば接続先が右のGoogleMap上に表示されます。
いくつか情報を省いていますが、全部見たければ、下のinformationの下の[show all]をクリックすれば、そちらに同じく表示されます。

mixiしか見てないのに、中国と通信してたらおかしゾってわかるわけです。

いずれは、Google Mapにアクセス元を全て表示させるとか、新たにアクセスがあった地点をハイライトするとかしてみよう。

| トラックバック (0)

2009.08.09

クリエイティブな玄関マット

クリエイティブな玄関マットの例です。

デザインと言うよりはメッセージ性の濃いものです。
興味があればいずれも買うことが出来るようです。価格も以外にリーズナブル。


「わぉ、いい下着だな」


「フィニッシュ!」


おそらく、ニューヨークのマンホールを模したものなのでしょうな。


これ、かなり気に入りました。一方からは、「Come in(どうぞ)」と読め、もう一方からは「Go away(立ち去れ)」と読めます。


一時話題になったインベーダーのLEDのマットです。
これに類するガジェットマットがもう少し出て欲しい気がします。

興味があれば、こちらをどうぞ。
さらにリンク先から、購入する事も出来ます。

また、読者からも、数点例が出ています。

| トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »