« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.30

eucalyptus 構築メモ(4)

eucalyptusのclusterをfron-endに登録。

sudo euca_conf -addcluster clustername localhost

clusternameには、これまでノードとして選び作業していたPCの名前を入れる。

続いて、ノードをクラスターに登録

sudo euca_conf -addnode node_hostname localhost

node_hostnameには、これまでノードとして選び作業していたPCの名前を入れる。

すると、エラーが出る。

ERROR: could not syncronize keys, check autorized_keys on ...

あれ?

| トラックバック (0)

2009.06.23

HPのプリンタ

HPからなかなか注目度が高そうなプリンタ複合機が現れました。

プリンタにタッチスクリーンのディスプレイがついており、PCを立ち上げなくても、このプリンタのスクリーンから、Google Mapsや新聞記事などを打ち出せるというもの。

PCの立ち上げ時間にいらいらする私としては、このプリンタの立ち上げ時間が早ければかなり役に立ちそうなアイテムですが、私の場合、現在プリンタが操作しにくい場所に設置されている所をなんとかしないとあまり役には立たなさそうでもあります。

情報家電は、テレビ、レコーダ、ゲーム機、冷蔵庫あたりがゲートウェイ的何かとして覇権争いをしていますが、ここに来てプリンタと言う選択肢が出てきました。ただ、そもそもゲートウェイ的何かが本当に必要とされているのか疑問ではありますが。


engadget

| トラックバック (0)

2009.06.21

eucalyptus 構築メモ(3)

前回のワーニングはブリッジが導入されていなかったから。

というわけで、こちらを参考にブリッジを設定(Ubuntu Server Guide Bridgingはdhcpじゃない)。

まず、bridge-utilsをインストール

sudo apt-get install bridge-utils

/etc/network/interfacesをこちらにあわせて変更

auto lo
iface lo inet loopback

auto br0
iface br0 inet dhcp
bridge_ports eth0
bridge_fd 9
bridge_hello 2
bridge_maxage 12
bridge_stp off

そして、IPv4のトラフィックがipv6のポートを通れるよう以下を修正。Eucalyptusの web frontendはIPv6でのみ動くからだ。

sudo vi /etc/sysctl.conf
net.ipv4.ip_forward=1において、コメントをはずして完了。

| トラックバック (0)

eucalyptus 構築メモ(2)

Front-endにインストール

sudo apt-get install eucalyptus-cloud eucalyptus-cc

Nodeにインストール

sudo apt-get install eucalyptus-nc

Nodeの設定

sudo /etc/init.d/eucalyptus-nc stop
sudo vi /etc/eucalyptus/eucalyptus.conf

bridgeを"br0"にするのであればVNET_BRIDGE="br0"と設定。
sudo /etc/init.d/eucalyptus-nc start

eucalyptus-ncをスタートした時に以下のワーニングが発生。

* Starting Eucalyptus Node Controller eucalyptus
Warning! Cannot find bridge xenbr0: instances may be without net
WARNING: All config files need .conf: /etc/modprobe.d/oss-compat, it will be ignored in a future release.
apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.1.1 for ServerName
(98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:8775
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs
Failed to start the NC!

| トラックバック (0)

eucalyptus 構築メモ(1)

参考にしたのはこちら
Getting Started with Ubuntu Enterprise Cloud powered by Eucalyptus in 9.04

まずは準備段階。

準備したマシンは2つ。
 Front-end(eucalyptus-cloud, eucalyptus-cc)
 Node(eucalyptus-nc)

以下のパッケージを入れる


eucalyptus-cloud

Walrus storage systemsと同様のfront-end services(Cloud controller)が入っている

eucalyptus-cc

virtual network overlayをサポートするCluster Controllerが入ってる

eucalyptus-nc

個別のVMを管理するKVM(Kernel-based Virtual Machine)と相互作用するNode Controllerが入っている

メール機能が必要
ユーザがcredentialを要求した時に、Eucalyptus administrator toolsは、cloud administratorにverification requestを送るためにメールを使うので、Front-endはメールを送る機能が必要である。最もシンプルな方法は、'postfix'を使うこと(sudo apt-get intall postfix)。

rubyも必要
rubyもインストールしている必要がある。インストールするのは次の三つ。
 ・ruby
 ・libopenssl-ruby
 ・ec2-ami-tools(curlって?)

ただし、Jaunty公開バージョンのec2-ami-toolsはちゃんと動かない?

firewallを超える場合は、8773、8443を開ける必要がある。

| トラックバック (0)

2009.06.15

スチームパンクなusbメモリ

それほど多くはないかもしれないスチームパンクファンの皆様、お待たせしました。
こんなUSBメモリを自作した方がいたそうです。

6つの懐中時計を分解したパーツを組み合わせて作成したそうですが、それにしてもこの出来の良さはハンパではありません。かなりほしいかも。手作りオンラインマーケットEtsy.comで売られていたようです。

engadget

| トラックバック (0)

2009.06.06

Ubuntu Customization Kit (UCK)

Ubuntuには、インストールディスクを作成するツールがある。それがUCK。
参考になりそうなページは、
第2回 Desktop CDを使いこなす(1):USBメモリとの併用・LiveCDのカスタマイズ

今の時点で気づいた注意点やはまった所としては、


  • HDのサイズが十分あるか確認しておく。

  • 自分が使っているubuntuと同じバージョンのisoファイルを使用する。

  • 取り外しの選択は慎重に。不要と思ったソフトが案外多くのソフトに影響を与える。

  • あらかじめアップデートやReloadをしておく。後になってからよくわからないエラーで悩む事になる。

  • 当たり前だが、一個一個見て行くのは大変。チェックしている項目でソートするなど工夫する。

  • ユーザフォルダのtmpにテンポラリのファイルが保存されるが、このファイルは再起動しないと削除できない。

  • run console applicationを選び、chroot環境下でapt-get updateとapt-get upgradeを済ませておく。

  • run console applicationを選び、chroot環境下でadduser ○○○を済ませておく。パスワードも設定しておく。

  • ディスクの作成で、ネットが切断されたりOSの終了がうまく行かないことがある。


| トラックバック (0)

2009.06.05

xubuntu 9.04の日本語化

xubuntuは、インストールしたばかりでは日本語入力とかは完全ではありません。

そんな場合は、

[Applications]→[システム]→[言語サポート]

とたどって日本語を選ぶ。

| トラックバック (0)

2009.06.04

Linuxメモ

Linuxをいろいろいじったときのメモも、このブログに残そうと思いました。

これまでは、ある程度まとまったときに、メインページのどこかに書いてましたが、それだと中途半端に終わるときのメモなんかが残らないので。

| トラックバック (0)

2009.06.03

ニワトリが先か卵が先か

・・・そういう議論になると到底底思えませんが。

地デジ対応テレビの普及が先か、地デジ難視聴解消の整備が先か。
いやいや、そんなの整備が先に決まってるでしょう。

うちの実家もそうだが、一部の局が地デジで映らない。
そんな地域の住人が、エコポイントを与えようが、地デジカがwikipediaをパクって宣伝しようが、草なぎ剛が脱ごうが、わざわざ地デジ対応テレビを買うとは思えない。

まずは、現行でアナログが僅かでも視聴出来ている人には100%パーフェクトに地デジが視聴出来て、プラス山間部でこれまでアナログが見えていなかった住人すら地デジが視聴出来るようになって初めて胸を張って地デジ対応テレビを買ってくださいと言えるのでは?

順序が違うというものだ。

受信障害対策共聴施設及び集合住宅共聴施設のデジタル化対応状況

| トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »